第25回 国営昭和記念公園
ジャパンオープン・シングルス選手権(池田杯) 結果
2008/9/15

●今年度の本大会は、9月13、14、15日の3日間の日程で、池田杯をトーナメント戦(準決勝以
降はベストオブ3方式)、また池田杯2回戦までの敗退者によるプレートリーグの2本立てで実
施されました。
●池田杯では、オープン参加のPaul Salisbury選手(イギリス)が接戦の末、最近頭角を現した
森山選手に2対1で勝ち、見事優勝を飾りました。また3位には、最近のチャンピオンである押
田・山田の両選手を退けた阿部信一選手が勝ち上がりました。
●また、プレートリーグでは、山田正明選手がトロフィーを手にしました。
●なお、本大会は2009年5月にアメリカで開催される世界選手権の国内代表選考会も兼ねて
おり、日本クロッケー協会の代表選考基準に基づき、池田杯準優勝の森山孝治選手が日本
代表に内定しました。


池田杯(優勝決定戦)
1回戦
2回戦
準決勝
決勝
優勝
3・4位決定戦
3位
山田 正明
●23
阿部 信一
● 9
○24
●15
森山 孝治
○26
●22
● 9
Paul
Salisbury
阿部 信一
○17
●16
○19
阿部 信一
阿部 信一
○26
阿部 信一
○26
Russell.B
● 3
山田 敏夫
○26
山田 敏夫
● 3
森山 孝治
○26
●13
○19
西山 正三
● 0
森山 孝治
○26
Paul.S
○26
Paul.S
○22
○26
Paul.S
●14
○23
○14
押田 悟
●11
○26
●16
串田 和男
○不戦勝
串田 和男
●10
中村 匠一
●不戦敗
高野 透
○不戦勝
高野 透
●11
押田 悟
●21
● 1
田中 淳夫
●不戦敗
押田 悟
○15
*氏名の下の数字がポイントで、黄色の氏名が各対戦での勝者です。

プレートリーグ
1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
勝数
負数
SK
SB
順位
山田 正明
○vs山田敏
26
○vsRussell
26
○vs西山
26TP
3
0
3
3
Russell
Bretherton
○vs西山
14
●vs山田正
18
●vs山田敏
17
1
2
5
1
西山 正三
●vsRussell
6
●vs田中
13
●vs山田正
0
○vs串田
26
1
3
7
2
田中 淳夫
●vs串田
8
○vs西山
26
1
1
3
1
串田 和男
○vs田中
20
○vs山田敏
26
●vs西山
24
2
1
3
2
山田 敏夫
●vs山田正
4
●vs串田
12
○vsRussell
22
1
2
6
1
*○:勝ち ●:負け △:不戦勝 ▲:不戦敗
SK(ソロコフ):対戦した相手の勝数  SB:勝利した相手の勝数


ともにイギリスから参加のRussell選手(左)とPaul選手(右)


前列左から池田杯3位の阿部選手、同優勝のPaul選手、同2位の森山選手。

ジャパンオープン歴代入賞者はこちらをご覧下さい


(C)2017 The Croquet Association of Japan